Uターン転職をする前に!チェックすべき3つの項目と転職活動の仕方

Uターン転職をする前に!チェックすべき3つの項目と転職活動の仕方

 

「親の介護をしなければいけなくなった」
「都会の忙しさに疲れたから田舎に帰りたい」

 

Uターン転職をする理由は様々です。

 

しかし、Uターン転職をする時には、普通に転職をするよりも気をつけなければいけません。

 

事前に十分な下調べをしないでUターン転職をしてしまったがために、こんなはずじゃなかったとなってしまう人も少なくありません。

 

ではUターン転職ではどんな点にチェックしておかなければいけないのか、またどのように転職活動を進めていけばいいのかをご紹介します。

 

 

 

 

 

Uターン転職でチェックすべき3つの項目

 

Uターン転職では事前にチェックすべき3つの項目があります。

 

チェックをした上で問題ないと思うのであれば、Uターン転職活動を開始しましょう。

 

都会と地方の利便性の差

 

都会と地方では利便性が全く違います。

 

電車やバスの本数、車の必要性、お店の種類や数など、都会と比べると不便であることがとても多いです。

 

あなたが納得できるくらいの利便性があるかどうかはチェックしておきましょう。

 

地域性の違い

 

地域が違うと風習や習慣などは変わってきます。

 

特に一戸建てなどに住むと分かるのですが、あなたが子供の頃には分かっていなかった近所づきあいなどがあるかもしれません。

 

あなたが将来住んでいくであろう地域がどういったところなのかは事前にチェックしておきましょう。

 

会社の待遇の違い

 

都会と比べると、地方の会社は平均して条件が悪いです。

 

どのくらいの待遇が標準的なのかを事前にチェックし、あなたが今後問題なく生活していけるか 考えましょう。

 

 

 

Uターン転職をする上で求人情報を探す方法

 

普通に転職するよりもUターン転職は大変です。

 

離れた場所に訪問して、試験や面接を受けなければいけないので交通費なども馬鹿にならないでしょう。

 

そこで、Uターン転職は短期間で効率よく、集中的に行うことが重要です。

 

そのためにも、いくつかの方法を並行して利用するのがおすすめです。

 

大手の転職サイトを利用する

 

大手の転職サイトには地域ごとの求人が載っています。

 

あなたがUターンを望む地域の求人のみに絞って探すといいでしょう。

 

地域密着型の転職サイトを利用する

 

その地域に限定している地域密着型の転職サイトもあります。

 

そういった転職サイトに登録をすれば、中小企業などを多く含めた求人情報を手に入れやすいです。

 

転職エージェントを利用する

 

転職エージェントでも地域ごとの求人は取り扱っています。

 

あなたが望む地域の求人がうまく見つかるのであれば、転職活動を手厚くサポートしてくれる転職エージェントはものすごくいいです。

 

ハローワークを利用する

 

ハローワークには地元の中小企業の求人がたくさん公開されています。

 

地元の中小企業への転職を考えているのであれば、ハローワークの求人情報を一度は確認しておいた方がいいです。

 

 

 

まとめ

 

Uターン転職は違う地域での転職となるので、色々と気を使うところが多いです。

 

居住する場所を含めて今後の人生に関わってくることなので、下調べをきちんと行わないといけません。

 

そういった調査をしながらの転職活動は大変です。

 

Uターン転職活動は集中して一気に進めていきましょう。

関連ページ

仕事を辞めたい!?できれば転職が決まってから辞めよう
仕事を辞めたい!?できれば転職が決まってから辞めよう
退職したい!でも会社に引き止められたときに有効な対処方法
退職したい!でも会社に引き止められたときに有効な対処方法
最近多い仕事辞めたい病!仕事を辞める理由をしっかりと考えてみよう
最近多い仕事辞めたい病! 仕事を辞める理由をしっかりと考えてみよう
仕事を辞める理由は何?自己都合or会社都合どっちの退職?
仕事を辞める理由は何?自己都合or会社都合どっちの退職?
35歳以上の転職は難しい!?即戦力としてできることを明確化する
35歳以上の転職は難しい!?即戦力としてできることを明確化する
転職フェアは会社にアピールするための絶好のチャンス!
転職フェアは会社にアピールするための絶好のチャンス!
転職活動を成功に導く自己分析!おすすめのやり方を紹介
転職活動を成功に導く自己分析!おすすめのやり方を紹介
ハローワークで仕事を探す!?メリットとデメリットを知っておこう
ハローワークで仕事を探す!?メリットとデメリットを知っておこう