仕事を辞めたい!?できれば転職が決まってから辞めよう

仕事を辞めたい!?できれば転職が決まってから辞めよう

 

今の仕事をすぐに辞めたいという場合、転職が決まってからでなければ辞めるのはおすすめできません。

 

自分を追い込むために辞めるという考え方もありますが、在職をしながらでも転職活動はできます。

 

仕事を辞めてしまうと、生活をするのにも困ってしまいますし、次の仕事が決まるまでの期間が精神的にもキツくなってきます。

 

 

ただし、ブラック企業に勤めていて、

 

  • このままではうつ病になってしまう
  • 精神的に追い込まれてしまう

 

といってような場合には、すぐに仕事を辞めることも考えましょう。

 

 

 

 

 

転職するまでの無収入期間はツライ

 

もし、仕事をすぐに辞めてしまった場合、転職が決まっていなければ金銭的にきつくなります。

 

貯金が十分にあった場合はまだよいですが、貯金が無い場合はすごく大変なことになります。

 

もし家族を養っているのであれば、家計はものすごく大変なことになるでしょう。

 

 

失業保険などによる収入を頼りにすることもできますが、自己都合退職の場合は3ヶ月は給付を待たなければいけません。

 

しかし、失業保険は仕事をしていた時よりも少ない金額しかもらえないので、貯金は十分にしておかなければいけません。

 

 

 

在職していない説明を転職先に答えるのは大変

 

もし、先に仕事を辞めてしまった場合、実は転職活動にも影響が出てきます。

 

面接を受けた時によく聞かれるであろう質問は「なぜ在職中に転職しようとしなかったか?」という内容です。

 

面接官はあなたの履歴書を見て、無職の期間があることに気づきます。

 

そうすると、あなたがなぜ働いていないかということを疑問に思います。

 

 

例えば病気だったり親の介護が必要だったり、やむを得ない事情があるのかもしれません。

 

会社のパワハラなどが著しくひどく、耐え難かったのかもしれません。

 

それとも、こらえ性がなくて仕事に嫌気がさしただけなのかもしれません。

 

 

面接官はこのように、あなたが仕事を辞めたという理由がどういったものかを見極めようとします。

 

その時に、面接官があなたを採用して大丈夫だと理由を答えられるでしょうか。

 

仕事が嫌で転職より先に辞めてしまった場合、面接官の納得のいく理由を答えるのは難しいです。

 

そういったこともあり、できれば在職中に転職をした方がいいのです。

 

 

 

できれば在職中に転職しよう

 

在職中に転職活動を行うのはとても大変です。

 

会社にバレないように転職活動をするなどの注意も必要ですし、転職活動が長期化してしまった場合には心身ともに疲れてしまいます。

 

 

しかし、今の仕事を辞めなかった場合、5年後・10年後のあなたはどうなっているのでしょうか。

 

満足のいく人生を送れているでしょうか。

 

 

そうでないのならば、多少無理をしてでも転職活動を行った方がいいです。

 

転職は若ければ若いほど、行いやすいです。

 

仕事を辞める覚悟を決めて、すぐに転職活動を行っていきましょう。

 

関連ページ

退職したい!でも会社に引き止められたときに有効な対処方法
退職したい!でも会社に引き止められたときに有効な対処方法
最近多い仕事辞めたい病!仕事を辞める理由をしっかりと考えてみよう
最近多い仕事辞めたい病! 仕事を辞める理由をしっかりと考えてみよう
仕事を辞める理由は何?自己都合or会社都合どっちの退職?
仕事を辞める理由は何?自己都合or会社都合どっちの退職?
35歳以上の転職は難しい!?即戦力としてできることを明確化する
35歳以上の転職は難しい!?即戦力としてできることを明確化する
転職フェアは会社にアピールするための絶好のチャンス!
転職フェアは会社にアピールするための絶好のチャンス!
転職活動を成功に導く自己分析!おすすめのやり方を紹介
転職活動を成功に導く自己分析!おすすめのやり方を紹介
ハローワークで仕事を探す!?メリットとデメリットを知っておこう
ハローワークで仕事を探す!?メリットとデメリットを知っておこう
Uターン転職をする前に!チェックすべき3つの項目と転職活動の仕方
Uターン転職をする前に!チェックすべき3つの項目と転職活動の仕方