35歳以上の転職は難しい!?即戦力としてできることを明確化する

35歳以上の転職は難しい!?即戦力としてできることを明確化する

 

転職活動をしているとよく目にするのが「35歳転職限界説」というもの。

 

実際ハローワークなどの求人を見ると、「長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者を対象」などと書かれているものがあります。

 

こういった求人では35歳未満の方が対象になることが多いです。

 

 

では35歳以上が本当に転職はできないのでしょうか?

 

年をとればとるほど転職をしづらくなることは確かではありますが、35歳以上は転職できないということはありません。

 

ただし、35歳以上という人材に求めるものはより厳しくなってくることは確かです。

 

その要求に応えられるかが35歳以上で転職をするための鍵となります。

 

 

 

 

あなたは会社の即戦力になれる?

 

35歳以上ということは、大学を卒業していたとしても10年以上は働いているでしょう。

 

10年以上も働いていれば、社会人としては一人前です。

 

そんなあなたに求められるのは「可能性ではなく即戦力としての人材」です。

 

35歳以上という年齢はもう若年者とは呼べません。

 

会社としてはこれから育てていくのではなく、すぐに結果を出してもらうことを目的にあなたを雇いたいと考えています。

 

では、あなたは会社にとってどのような貢献ができるのでしょうか?

 

 

会社にとっての要求レベルに達しているかがポイント

 

先ほど話した通り、会社はあなたに即戦力として働いてもらうことを望んでいます。

 

そうなると、採用してもらうために必要なのは「会社が求めているレベルの経験をあなたが積んでいて、これから働くことができる」ということです。

 

 

これは資格だけでなく、実務経験などから判断されることがあります。

 

例えば会社がリーダーとしてすぐに力を発揮してくれる人を求めている時に、どんな人を採用するでしょうか?

 

今までにリーダーを経験している方を必ず採用候補に入れるはずです。

 

もしリーダーの経験が無かったとしたら、サブリーダーなど、それに準ずる経験をしていれば考慮をしてくれるかもしれません。

 

 

結局は会社が納得するレベルの経験と力があなたにあるかどうかという見極めに、うまく合格できるかということです。

 

 

 

35歳以上の方は、自分の強み・弱みの自己チェックが特に重要

 

35歳以上で転職をする場合、会社にとっての即戦力になれると判断してもらうことが一番重要になってきます。

 

そのためには、まず自分自身が何をできるのかしっかりと自己チェックが必要です。

 

 

自分の強みが何か、弱みが何か、自分自身ではっきりと理解をするようにしましょう。

 

転職エージェントなどを利用して、キャリア相談などを行うのも有効な手段です。

 

あなた自身を最大限に評価してもらい、転職を成功させましょう。

関連ページ

仕事を辞めたい!?できれば転職が決まってから辞めよう
仕事を辞めたい!?できれば転職が決まってから辞めよう
退職したい!でも会社に引き止められたときに有効な対処方法
退職したい!でも会社に引き止められたときに有効な対処方法
最近多い仕事辞めたい病!仕事を辞める理由をしっかりと考えてみよう
最近多い仕事辞めたい病! 仕事を辞める理由をしっかりと考えてみよう
仕事を辞める理由は何?自己都合or会社都合どっちの退職?
仕事を辞める理由は何?自己都合or会社都合どっちの退職?
転職フェアは会社にアピールするための絶好のチャンス!
転職フェアは会社にアピールするための絶好のチャンス!
転職活動を成功に導く自己分析!おすすめのやり方を紹介
転職活動を成功に導く自己分析!おすすめのやり方を紹介
ハローワークで仕事を探す!?メリットとデメリットを知っておこう
ハローワークで仕事を探す!?メリットとデメリットを知っておこう
Uターン転職をする前に!チェックすべき3つの項目と転職活動の仕方
Uターン転職をする前に!チェックすべき3つの項目と転職活動の仕方