仕事を辞めたい!転職を考えた時に行うべき3つの行動

仕事を辞めたい!転職を考えた時に行うべき3つの行動

 

あなたは今本気で仕事辞めたいですか?

 

 

 

 

仕事を辞めたいと思う事って誰でもあると思います。

 

私もそう思って過去に転職をしたことがあります。

 

いまその時のことを振り返ってみると、

 

「ああしておけばよかった」
「こんなことを知っていれば」

 

というようこともたくさんあります。

 

 

もし、あなたが本気で仕事を辞めたいと思っているのであれば、すぐに行動を起こしましょう。

 

 

ここでは仕事を辞めたいと思った時にすべき3つのことをご紹介します。

 

あなたも実践して、現状を変えるための行動を起こしてみてください。

 

 

 

 

 

仕事を辞めたい理由を追求しよう

 

 

まず最初にすべきことは、仕事を辞めたい理由を追及することです。

 

あなたがなぜ仕事をやめたいのかをハッキリとさせないことは、どのような選択をするにしても良いことにはならないでしょう。

 

転職をしたいと思っているのであれば、しっかりと理由を把握しておかなければ転職をするときに問題となって現れてきます。

 

なんで我が社に入りたいと思ったのですか?

 

などと応募先の企業で聞かれたときに、あなたは応募先の会社が求める理由をハッキリと答えることができますか?

 

 

逆に転職をしないで今のまま仕事を続けていくとしたら、その不満をずっと抱えて仕事をしていきますか?

 

あなたが仕事を辞めたいと思っているのであれば、理由はしっかりと追求してみてください。

 

 

仕事を辞めたい主な理由

 

仕事を辞めたいと思っている方は、あなた以外にもたくさんいます。

 

多くの人が仕事を辞めたいと思っている代表的な理由をご紹介します。

 

給料が低い

 

多くの人が仕事を辞めたい理由としてあげるのが、給料が低いということがあります。

 

給料が低ければ、将来的な不安なども出てくると思います。

 

将来を見据えて、昇給などが見込めない場合は転職を考えた方が良い場合もあります。

 

人間関係

 

  • 上司が横暴
  • 会社にうまくなじめない

 

同じ会社に勤めている人との関係がうまく行かない場合もあります。

 

パワハラなど、なかなか被害を訴えられないようなケースもあり、人間関係が問題となるケースは多いです。

 

仕事内容

 

  • 仕事の内容がつまらない
  • 満足感がない

 

こんな理由もあったりします。

 

本当に仕事は楽しくないのか、満足感がないか考えてみましょう。

 

仕事内容をつまらないと感じながら仕事をするのはよくありません。

 

たとえ転職したとしても、次の職場で同じように感じるかもしれません。

 

残業が多い

 

残業が多すぎて大変だ

 

あまりにも残業が多いと仕事がつらくなってきます。

 

残業が多くて転職したという方も、多くいらっしゃいます。

 

残業が多い場合は本当に減らせないのか、労働環境を見直してみる必要があるでしょう。

 

 

 

本当に仕事を辞めたいのか考えよう

 

仕事を辞めたい理由を考えた後は、本当に仕事を辞めたいのかをじっくりと考えてみましょう。

 

まとまった時間をとって、冷静に自分と向き合ってみることが大事です。

 

仕事が忙しくて普段まとまった時間がとれないという場合でも、長期連休を使ったり、有休を使って2,3日まとめて休んだりということはできると思います。
(それが絶対にできないというのであれば労働環境に問題ありだとは思います。)

 

じっくりと見つめなおすことで、必ず見えてくることもあります。

 

 

仕事を辞めなくてもいい方法が無いのか考える

 

例えば残業が多い場合などは、工夫や努力をして残業を少なくできないのか、上司などにかけあってみて何とかならないかなどを検討してみるといいです。

 

会社に不満があるのであれば、その不満を解消できる方法がないのか、我慢できるレベルの不満なのかを考えてみれば、解決することもあります。

 

 

その時には分からなくても、意外と自分の努力で解決できたりすることもあります。

 

仕事を辞めたら次にどんな仕事をしたいのかを考える

 

もし仕事を辞めたとしたら、次にどんな仕事をしたいのかを考えてみましょう。

 

ここでパっとやりたい仕事が浮かぶのであれば、その理由まで考えてみましょう。

 

「こういう理由でこの仕事をしたい」
という信念があれば、転職先も好意的に受け入れてくれることが多いです。

 

じっくりと考えてみましょう。

 

 

 

在職中に転職活動を始めよう

 

仕事を辞めたいという思いが捨てられないのであれば、転職活動を始めましょう。

 

まだどうするべきか分からないという方も、転職のための情報収集をしておくうちに、どうしたいかが見えてくるかもしれません。

 

ここで、できれば在職中に転職活動を始めてください。

 

会社を辞めてから応募をするというやり方を、よく思わない会社が多いです。

 

「在職しながら転職活動できないなんて粘りが弱い」
というように判断する会社も、残念ながら多いです。

 

あと、家族を持っている方は特に金銭的な面でも大変になることが多いので、在職中に転職活動をすることをおすすめします。

 

 

転職サイトを活用しよう

 

 

まず、最初におすすめしたいのは転職サイトに登録することです。

 

転職活動の情報収集をするのには、転職サイトはうってつけです。

 

どんな求人があるのか、企業説明会があるのかなどを簡単に把握できます。

 

自分で色々と調べることはできますが、時間がかかりすぎて現実的ではありません。

 

転職サイトに登録をすれば、色々な情報が一度に入ってくるので登録することをおすすめします。

 

転職エージェントを活用しよう

 

 

転職サイトと似ているけれど少し違う転職エージェントを活用するのもいいです。

 

転職エージェントのいいところは求人案件を持ってきてくれるだけでなく、企業の詳しい情報を教えてくれたり面接対策などをしてくれたりと、手厚く転職支援をしてくれます。
しかも手厚く転職支援をしてくれるのに、あなた自身が費用を払う必要がないところもいいです。

 

転職エージェントはあなたを企業に紹介することで、紹介した企業から報酬をもらうというビジネスモデルになっています。

 

報酬はあなたが採用されることでもらえる成果報酬なので、あなたが採用されてほしいのです。

 

そのため、あなたが採用されるための支援を手厚くしてくれます。

 

自分で応募企業を探す

 

 

色々な企業のホームページなどに採用情報が掲載されています。

 

その他、地域ごとの就職説明会なども行われていたりします。

 

こういったものに自分で申し込んでいくことで、直接応募企業を探せます。

 

ただし、手間がかかるので、転職サイトや転職エージェントを活用した方がいいです。

 

 

 

まとめ

 

転職をするためには、とても大きな労力が必要になります。

 

採用する側も、自分の会社の一員として向かい入れるために、厳しい目であなたをチェックします。

 

その時に中途半端な気持ちで受けてしまうと、あっという間に見破られ、不採用となってしまいます。

 

 

私自身が転職をしようとした当初は中途半端な気持ちで始めたために、不採用をもらうことが多かったです。

 

しかし、転職サイトで情報収集をしたり、転職エージェントを活用したりすることで自分が仕事を辞めたい理由や、転職をしたり理由などはハッキリとしてきました。

 

そうして何とか転職を成功させることができました。

 

 

軽い気持ちでなかなか転職をすることは難しいです。

 

しかし、本当に辞めたいという思いがあるのであれば、必ず最後に転職は成功します。

 

転職をしないという決断となるのであれば、今の会社でやり抜いていくという気持ちができるんどえ、それもまたいいことだと思います。

 

 

まずはあなたがどうしたいかをしっかりと考えること、転職をするのであれば転職サイトに登録して情報収集からでも一歩から始めることが大事だと思います。